窓の位置を決める際に注意すべきこと

外からの視線

家の間取りを決める際、ついつい室内のことばかりに気を取られます。
しかし、屋外のことも忘れてはいけません。
大きな窓があるリビングは人通りの多い道路や隣家の庭に面してはいませんか。
人目が気になって昼間にカーテンを開けられないとなっては、せっかくの大きな窓がもったいないですよね。
外にいる人も中にいる人も、目が合ってしまってはお互いに気まずい思いをします。
レースなどの薄いカーテンをつけて見えづらくするという方法もありますが、それだけでは心もとない気がするという人もいると思います。
そういった場合には、人通りが少ない通りに面した場所を選んだり、リビングの窓の外に自分の家の庭を作ったりするなどの対策が必要です。
カーテンを思いっきり開けて、心置きなくリビングでくつろげるような間取りにしましょう。

日当たり、風通し

物件選びにおいても重視される日当たりや風通し。
暗い家に住んでいると気分まで暗くなってしまいますよね。
日当たりがよくてもまぶしくてカーテンを閉めなくてはいけなくなったという失敗談もあります。
日当たりや風通しの悪さは洗濯物の乾きにも影響しますので、光や風の入り方はよく調べて慎重に決めましょう。
まず、窓をつける場所に光を遮る高い建物や塀はないか確認します。
光が入ることが分かったら、窓のサイズを選びます。
部屋の温度にも関わってくるので、窓の大きさにも十分注意してください。
春夏秋冬、どの季節にも快適に過ごせるように、窓の数や位置を決めましょう。
暗くても明るすぎても生活に支障をきたすので、日当たりは難しい問題です。
時間をかけて自分の希望に一番合う選択をしてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ